2018年6月30日土曜日

明暗元年 - The Calm Before the Parade

space dike(スペース・ダイク)では、2018年6月30日(土)から7月16日(月祝)まで、墨田区と台東区の7会場で開催されるグループ展「明暗元年のspace dike会場として明暗元年 - The Calm Before the Paradeを開催します。※space dike会場のみ7月25日(水)と26日(木)に再公開します。


松蔭浩之と三田村光土里による講座「アートのレシピ」の20名以上に及ぶ修了生有志は、東京下町エリアの7会場を中心に、グループ展「明暗元年」を開催する。 
今上天皇退位後の2019年5月1日、皇太子の新天皇即位をもって新元号となる見通しだ。「平らかに成る」とした現今の元号が、この30年余りの世相を反映していたかはさておき、私たちは、ここに新元号を「明暗」と仮定する。先行きが不分明なこの国の現在において、明か暗か、その差異=コントラストの内において、あり得べき未来を想像してみたいのだ。 
そもそも、光と影を捉まえることは美術の根幹だろう。デッサンは言うに及ばず、たとえばカメラの起源は、ラテン語で「暗い部屋」を意味する装置「カメラ・オブスクラ」だった。被写体の光線を暗箱に投射し、射影された像を得る。すると原理的に、その像は反転された形で映し出される。では、私たちの「アート」なる針穴を通して浮かび上がる、倒立した、逆さまの、パラレルな立像は、果たして如何なるものなのだろうか。 
夏目漱石の長編小説『明暗』は絶筆として未完に終わっている。物語と同様、言うまでもなく結末の見通せない現実の中、各々のやり方、各々のスタイルで、かそけきイメージは結ばれるだろう。その刹那、未だ見ぬ「明暗元年」の項が開かれるはずだ。(文責:中島晴矢)

明暗元年(めいあんがんねん)

http://gigmenta.com/2018/meian
会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間

時 間:13:00〜19:00
会 場space dikesheepstudiospiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘まぼろし空間ユブネfloat全7会場 [地図]
入場料:500円(全会場共通のフリーパス制)
主 催:美学校・ギグメンタ実行委員会
助 成:公益財団法人 朝日新聞文化財団

【space dike 会場
タイトル:The Calm Before the Parade 出展作家:田上杜夫、立岩有美子、中島晴矢、新名庸生三原回
住 所:〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4 [地図]
東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
 https://spacedike.blogspot.jp/
 https://twitter.com/spacedike/


再公開:2018年7月25日(水)、26日(木)
時間:18:00〜21:00
会場:space dike会場のみ
入場料:300円。ただし明暗元年パスポートをお持ちの方は無料。

関連イベント:
トークイベント「“The Calm Before the Parade” アーティストトーク」
出 演:田上杜夫、立岩有美子、中島晴矢、新名庸生三原回
日 時:7月8日(日)14:00〜15:30
会 場:space dike
参加費:無料(要展覧会チケット)

トークイベント「オルタナティブ・スペースの過去、現在、未来」 出 演:青木彬(spiid)、安藤達朗(あをば荘)、畔柳寿宏、畔柳佐季子(space dike)、曽我高明(現代美術製作所)、高田洋三(sheepstudio)、三原回(entaku kikaku)、吉川晃司(float)ほか 日 時:7月8日(日)19:30〜21:00 会 場:sheepstudio(東京都墨田区京島3-20-9)※会場はdikeではありません。 参加費:800円(「明暗元年」パスポート提示で500円)

※ 会期中多数のイベントが開催されます。詳細は展覧会サイトをご覧ください。
http://gigmenta.com/2018/meian

プロフィール
田上杜夫
品川区立平塚中学校卒、現在は主にフルキャストで活動中。

立岩有美子
1990年、神奈川県生まれ。多摩美術大学油画専攻卒業。絵画、ドローイング、立体作品や映像など様々なメディアで、日常的でさりげないイメージに、奥行きのある物語性や鋭い批評性が潜む作品を制作する。

中島晴矢 Artist / Rapper / Writer
1989年1月7日昭和最後の日生まれ。主な個展に「麻布逍遥」(SNOW Contemporary)、グループ展に「ニュー・フラット・フィールド」(NEWTOWN)「ground under」(SEZON ART GALLERY)、アルバムにStag Beat「From Insect Cage」など。http://haruyanakajima.com/

新名庸生
美学校出身。アートのレシピ修了展「魅惑のA級素人〜無封状態…」(2014)、「齋藤真理はうそをつく」(2014)など参加。今回、久しぶりに展示に参加。

三原 回
1987年東京生まれ。死生観や、メディアを仲介することによる距離(または近さ)などをコンセプトに、既製品や映像を用いたインスタレーション、ペインティングなどを発表。entaku kikaku名義で展覧会の企画・コーディネートも行う。http://mihalab.jp


※space dikeと墨田区の会場間の移動は、都営バス「里22」(日暮里駅前―亀戸駅前)の利用が便利です。(いずれも下車徒歩1〜2分です。)


2018年4月21日土曜日

スナックその「地球へのギフト」

space dike(スペース・ダイク)では、2018年4月21日(土)から30日(月祝)まで、スナックその「地球へのギフト」を開催します。


ズレとは分離である
ズレとは増殖である
ズレとは不信である
地球と私たちはズレる
私と《たち》はズレる
そこに贈与が生れる
そこに交換が生れる
そこに信用が生れる
(文・調文明)

スナックその「地球へのギフト」

【会期】 2018年4月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)、30日(月祝)
【開廊】 13時~19時
【会場】 space dike
 〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4 [地図]
 東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
 https://spacedike.blogspot.jp/
 https://twitter.com/spacedike/
【入場料】 300円
【企画】調文明(写真史研究・写真批評)
【協賛】キヤノン株式会社
※イベント等も予定しています。本サイト、Twitterなどで順次お知らせします。

【関連イベント】
アーティスト・トーク スナックその+調文明
4月30日(月祝)17時〜18時
参加費:500円(展示入場料込み)+1drink(300円〜400円)
※トーク中は展示の一部が見づらくなります。ご了承ください。

座談会+クロージングパーティー スナックその+調文明+space dike
4月30日(月祝)19時〜
参加費:展示入場料+1drink(300円〜400円)

【プロフィール】
スナックその
佐藤元紀、渡邉優からなるアートユニット。2010年3月より活動開始。
当初は80年代生まれにとってトラウマ的なバブル期の狂乱をテーマに、会話を強制するスナックパフォーマンスや演劇的表現を展開。
近年は「現実性」をテーマに、知覚と記憶の狭間に生じる直感的認識力を導き出し本質を映し出す鏡として機能する作品シリーズ「S++」(エスプラプラ)を映像、写真、平面をメディアに製作。
 http://snacksono.com/

〈主な展覧会〉
2016年 Canon 写真新世紀 佳作 東京都写真美術館
2013年 Tokyo Midtown Award 優秀賞
2012年 ゲンビどこでも企画展 観客賞 広島現代美術館

調 文明(しらべ ぶんめい)
1980年、東京生まれ。写真史研究/写真批評。日本女子大学/京都造形芸術大学ほか非常勤講師。『アサヒカメラ』『日本カメラ』『写真画報』『PHaT PHOTO』『STUDIO VOICE』などで執筆。論文に「A・L・コバーンの写真における都市表現――三つのニューヨーク・シリーズを中心に――」(『美学芸術学研究』東京大学美学芸術学研究室、2013年)、「御真影と『うつし』」(展覧会カタログ『かげうつし――写映・遷移・伝染――』京都市立芸術大学@KCUA、2013年)、「ジェフ・ウォール――閾を駆るピクトグラファー」(『写真空間4』、青弓社、2010年)など。 

2018年2月17日土曜日

12 Dog Cycle (Alice Hui-Sheng Chang + Nigel Brown)、中村ゆい+神田聡+矢代諭史トリオ、植野隆司+大城真デュオ

space dike(スペース・ダイク)では、2018年2月17日(土曜)に、台南を拠点に、リスニング、芸術、言葉遣いの教育に焦点を当てたコミュニティの会場と組織「聽說 Ting Shuo Hear Say」を創設した12 Dog Cycleのお二人の来日に合わせ、大城真企画「12 Dog Cycle (Alice Hui-Sheng Chang + Nigel Brown)、中村ゆい+神田聡+矢代諭史トリオ、植野隆司+大城真デュオ」を開催します。


12 Dog Cycle (Alice Hui-Sheng Chang + Nigel Brown)、中村ゆい+神田聡+矢代諭史トリオ、植野隆司+大城真デュオ
【️日時】2018年2月17日(土曜)18:00開場・18:30開演
【出演】12 Dog Cycle (Alice Hui-Sheng Chang + Nigel Brown)、中村ゆい+神田聡+矢代諭史トリオ、植野隆司+大城真デュオ
【企画】大城真
【️参加費】¥1,500+1drink(¥300〜¥400)

【️会場】space dike
〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4 [ 地図 ]
東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
https://spacedike.blogspot.jp/
https://twitter.com/spacedike

■出演者
12 Dog Cycle (Alice Hui-Sheng Chang + Nigel Brown)
http://nigelbrownsound.com/12-dog-cycle/


中村 ゆい  Yui NAKAMURA 中村ゆい「とおりすぎるもの:経験として着るをとらえる #1」
神田 聡  Satoshi KANDA
矢代 諭史  Satoshi YASHIRO 「展::矢代諭史」at space dike
植野 隆司  Takashi Ueno http://tenniscoats.blue/
大城 真  Makoto Oshiro 大城真 個展 "strings" @space dike

2017年12月10日日曜日

中村ゆい「とおりすぎるもの:経験として着るをとらえる #1」

space dike(スペース・ダイク)では、2017年12月10日(日)に、中村ゆい「とおりすぎるもの:経験として着るをとらえる #1」を開催します。


「プロジェクション」、「実験」という名前を借りて、いま自分が研究していることを、パフォーマンス/行為として、研究データを分析した結果ではなく、「着る」という今まさに行われている最中にある出来事として、展開してみたいと思います。これは一回限りの完成品の展示ではなく、これまで続けられ、そして今後も続けられていく、活動の一端です。 
初めての試みとなる今回は、自分の部屋という閉じた場所で毎日行われている「着る」という行為を、dikeというまた別の生活が行われている場所へ、他者へ開かれた時空へ移してやってみるという、なんだか少し怖いようなことを試してみる予定です。これまで日々の中に沈殿していた経験を改めて、始めてみる/初めて見るような、とある日常の中の一回限りの、しかし繰り返される試みに、ご縁のある方にぜひお立ち会いいだければと思っています。

中村ゆい「とおりすぎるもの:経験として着るをとらえる #1」

【️日時】2017年12月10日(日)13時開場・13時半開始/19時終了
・パフォーマンス: 13時半〜17時半 中村ゆい
・演奏: 15時〜15時半、17時〜17時半 河野円
・トーク: 18時〜19時(パフォーマンス終了後) 工藤雅人、中村ゆい

【️会場】space dike
〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4 [ 地図 ]
東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
https://spacedike.blogspot.jp/
https://twitter.com/spacedike
【️参加費】500円+1drink(300円〜400円)
【お問合せ】projectionwearing[at]gmail.com

◼️出演者・登壇者プロフィール
河野円(こうの・まどか)
神奈川県生まれ。大学在学中に認識や知覚に興味を持ち、2003年美学校サウンド/アート表現講座の受講を機に、それらにより焦点を当てるような演奏に取り組むようになる。現在は主に、テープレコーダーやメトロノーム、金属板等を使用した干渉や間隔、変化を捉えた演奏を行う。
http://www.i-ma-wav.com/

工藤雅人(くどう・まさと)
1981年山形県米沢市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。文化学園大学助教。専門は社会学、メディア史、ファッション研究。
論文に「洋服から身体を引き剥がす――ANREALAGEの示す『かたち』」(2011年,西谷真理子編『ファッションは語りはじめた』フィルムアート社),「COMME des GARÇONS以前のコム デ ギャルソン」(2012年,西谷真理子編『相対性コム デ ギャルソン論』フィルムアート社),「「広告」を飼い馴らす――1950年代の『装苑』における誌面構成と「広告」の関係に焦点を当てて」(2017年,『文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要』48),「「差別化という悪夢」から目ざめることはできるか?」(2017年,北田暁大・解体研『社会にとって趣味とは何か』)など。

◼️主催者プロフィール
中村ゆい(なかむら・ゆい)
1981年札幌市生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程。意味や表象としてではなく経験や行為として「着る」をとらえることをテーマに、現在は服を選びとるときの「感覚」を切り口として、服を着る行為がいかになされているのか、経験/感覚の記述とその方法を模索しながら、考察している。研究と並行して、主に喉とマイクを使用したボイスパフォーマンスも行っている。

2017年10月20日金曜日

三原回 個展「かみなりにうたれて死んだあのこのことを思い出している」

space dike(スペース・ダイク)では、2017年10月20日(金)から29日(日)までと、11月2日(木)、11日(土)、12日(日)に三原回 個展「かみなりにうたれて死んだあのこのことを思い出している」を開催します。


《Coup de Grace》2017

三原回 個展「かみなりにうたれて死んだあのこのことを思い出している」

【会期】 2017年10月20日(金)~22日(日)、27日(金)~29日(日)、11月2日(木)、11日(土)、12日(日)
【開廊】 金:16時~20時 / 土日:13時~19時
    11月2日(木):20時〜22時、11日(土)12日(日):13時~19時
【会場】 space dike
 〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4 地図
 東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
 http://spacedike.blogspot.jp/
【入場料】 300円
【協力】絶区シアター

■関連イベント
オープニングパーティー&絶区シアター イベント「かみなりにうたれて死んだあのこのことを思い出している」
10月21日(土)18:00〜
参加費:500円(入場料込み)+1drink(300円〜400円)

座談会 space dike + 三原回
10月28日(土)18:00〜
参加費:入場料+1drink(300円〜400円)

■プロフィール
三原回(みはらかい)
1987年東京都生まれ。2017年美学校修了。
死生観や、メディアを仲介することによる距離(または近さ)などをコンセプトに、既製品や映像を使用したインスタレーション、他にペインティングや写真などの作品を展開。
2012年よりentaku kikakuの名義で展覧会・イベントのディレクションも行なう。
http://mihalab.jp/

2017年9月17日日曜日

無能の運命/第六夜/spice dike

space dike(スペース・ダイク)は、2017年9月17日(日曜日)に高幡不動(東京都日野市)近くの浅川の河原と橋のたもとにある日野市東部会館の2会場で開催される「無能の運命/第六夜/spice dike」で「出張dike」を行います。
※台風接近により、会場、時間が変更などが変更されました。

SPACE DIKE FOR SPICE DIKE
SPICE DIKE FOR SPACE DIKE

無能の運命/第六夜/spice dike
企画:無能の運命
主催:秦雅則とINNY
ゲスト:space dike
【日時】2017年9月17日(日曜日) 13時〜17時
【会場】 日野市東部会館(視聴覚室)浅川の河原
 多摩モノレール万願寺駅下車徒歩5分 日野高校前バス停下車すぐ
【参加費】無料

※最新情報は、無能の運命やspace dikeのTwitterをご覧ください。
無能の運命 https://twitter.com/munounounmei
space dike https://twitter.com/spacedike

■展示(東部会館、河原)
柳町匡俊、平澤最勝、秦雅則、畔柳寿宏、畔柳佐季子
ライブ
神田聡(15時30分〜16時)東部会館
中村ゆい(16時〜16時45分)ネット参加(本人は会場にいません)
※中村ゆいのライブ(トーク)は、RadioDromeのYouTube Liveで視聴できます。

参考:各出展者のspace dikeでの展示、ライブ
柳町匡俊:
柳町匡俊 写真展「山」(2014年3月)
平澤最勝:
平澤最勝写真展「遺影」(2016年1月〜2月)
神田聡:
Sound Screening Vol.4「ある瞬間を別の視点から同じように理解することは可能か?」(2016年5月)(ライブ)
畔柳寿宏・佐季子写真展「三ノ輪」(2016年1月)(ライブ)
展::矢代諭史(2015年11月)(ライブ)
biki個展「2015年5月31日の、13時07分41秒と、(中略)、風船が割れる 」(2015年5月)(企画、ライブ)
大城真個展  "strings”(2014年10月)(ライブ)
パク・ダハム+康勝栄, 神田聡+矢代諭史, 河野円ライブ(2014年4月)(ライブ)
中村ゆい:
biki個展「2015年5月31日の、13時07分41秒と、(中略)、風船が割れる 」(2015年5月)(ライブ)
秦雅則:
秦雅則 個展「二〇〇六年 何も覚えていない」(2016年9月)
二千十五年一月二十五日 写真 秦雅則 黒田光一(2015年1月)
畔柳寿宏、畔柳佐季子:
畔柳寿宏・佐季子写真展「三ノ輪」(2016年1月)










2017年8月27日日曜日

アーティスト・レクチャー&トーク 福居伸宏 Decoding: "zipcode1360073"

space dike(スペース・ダイク)では、2017年8月27日(日)に、アーティスト・レクチャー&トーク 福居伸宏 Decoding: "zipcode1360073"を開催します。


今年5〜6月にかけて、三宿のCAPSULE (SUNDAY)で、日本では6年ぶりの個展「zipcode1360073」を開催した福居伸宏(アーティスト・291 workshop主宰)が、今回の展示とそのコンセプト、そして制作の舞台裏について語ります。

参考:Researching Photography: record: RP 福居伸宏
(Part 1)http://researchingphotography.blogspot.jp/2011/07/rp-record-part-1.html
(Part 2)http://researchingphotography.blogspot.jp/2011/08/record-rp-part-2.html 


アーティスト・レクチャー&トーク 福居伸宏 Decoding: "zipcode1360073"
https://www.facebook.com/events/459577247742389/
【日時】2017年8月27日(日) 17時〜
【会場】 space dike
 〒111-0021 東京都台東区日本堤2-18-4
 東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅3番出口 徒歩5分
 http://spacedike.blogspot.jp/
【参加費】500円+1ドリンク(300円〜400円)

福居伸宏|Nobuhiro Fukui
1972年、徳島県鳴門市生まれ。主な個展に「B'」(Parzelle403, バーゼル, スイス, 2013年)、「undercurrent」(TKG エディションズ京都, 京都, 2011年)、「Asterism」(小山登美夫ギャラリー, 東京, 2010年)、「There There」(Joachim Gallery, ベルリン, 2006年)、グループ展に「Concrete - Photography and Architecture」(Fotomuseum Winterthur, ヴィンタートゥール, スイス, 2013年)、「5 Contemporary Japanese Photographers」(Reynolds Gallery, ストックトン, アメリカ合衆国, 2012年)、「No Man’s Land」(フランス大使館, 東京, 2008年)、「東京画」(TWS渋谷, 東京, 2007年)など。現在、291 workshopを主宰。

【Nobuhiro Fukui | 福居伸宏】
 http://fknb291.info/
【291 workshop】
 https://www.facebook.com/291ws